脇脱毛を受けられないケースって?

少し前まではちょっと敷居が高く感じていた脱毛ですが、最近は料金も安くなり、痛みを感じることもほとんどなくなったということで、かなり普及してきていますよね。
特に脇脱毛は料金が安く設定されていることが多く、お試しや脱毛の第一歩として受ける人が多いようです。
お肌へのダメージも少なく、一度完了すればまた生えてくるということはほとんどないので、出来ることなら是非受けてみたい脇脱毛。

しかし、中には受けられない人や、受ける際に配慮が必要な人も居ます。
まずは日焼けをしている人。これは有名な話ですが、光脱毛などは光が毛のメラニンに反応して脱毛をする仕組みのため、皮膚にもメラニンがあると効果が出にくかったり、逆に皮膚が火傷をしてしまう恐れがあります。
日焼けをしていなくても、肌の色が黒い人は脱毛を受けられない場合があります。
同じ理由で、シミやアザ、ほくろなどがある部分は施術を受けられないことがあります。

また、投薬中であったり、持病がある方は一度医師とサロンに相談した方がよいでしょう。
持病といっても色々ありますが、中には脱毛の光などが体に影響してしまう場合もあります。
黙って施術を受けると、後々のトラブルの原因ともなりますので、カウンセリングの段階でしっかりと伝えておきましょう。

女性の方は、妊娠中や生理中の脇脱毛も避けた方が良いでしょう。
おなかの赤ちゃんに直接影響があるということはありませんが、妊娠中はホルモンバランスがいつもとは違う状態になっています。
お肌も敏感になっていることが多いので、肌トラブルを避けるためにも妊娠中はサロン側からお断りされることがほとんどです。
また、生理中も同じ理由でお肌が敏感になっていますので、出来れば避けた方が良いでしょう。
ただ、最近は生理中でも施術可のサロンも増えていますので、一度相談してみても良いかもしれません。

Comments are Closed