友達は作るものではなく自然に付き合うもの

だんだん年を重ねてくると友達って減ってきますね。私だけかもしれませんけど。

若いころは友達がいないということは恥ずかしくて、
気の合う、気の合わない関係なく片っ端から友達を作らなければと必死だったことがあります。

でも、最近思うんです。友達はご縁なのだと。必死になって作るものではなく、自然と知り合うものなのかもしれません。

だから、今は友達が少なくて、一人でも楽しく時間を過ごせるようになってきました。


意外と一人で楽しめると、いざ他人が絡むとちょっと煩わしく感じたりもします。

だけど、そういう余裕があると、類は友を呼ぶというか、同じような一人が好きな人と友達になったりします。

お互い性格が同じようだと、お互いの邪魔をしませんから、逆に付き合いやすかったりしますね。

年を重ねてでないとわからないこともあるんだなと最近気づくようになりました。



Comments are Closed