ジブリ作品で共感できない作品

この前TSUTAYAで「風立ちぬ」を借りてきて見ました。
あまり共感できない映画でしたかね。
ジブリ作品は比較的好きなので残念でした。いい作品だとは思いますが、ちょっと疑問点もいくつか。

まぁ、感想は十人十色だと思いますから、私のような感想の人もきっといるのではないかと思います。

このところのジブリ作品は共感できないものが多くて、特によくわからなかったのは「崖の上のポニョ」と「ゲド戦記」と「ハウルの動く城」。

ファンの人はあれこれ解釈して見るからきっと面白いんだと思いますが、
私はすごくファンでもないので、やはり見ていて単純明快な方が好きですね。


ぶっちゃけ「クレヨンしんちゃん」の劇場版の方が好きだったりもします。

クリエイティブの仕事とは、いろんなスランプがあったり、お金のこともあったり、なにかしらストレスが溜まる仕事なのかもしれません。

きっと宮崎駿さんもずっと作品を作り続けているだけにいろんなご苦労もあって、それが作品に投影されるから、
逆に難解な作品になってしまうのかなと思ったりもします。

中にはいい作品もたくさんあるのですけどね。私の周りでは評価が低い「仮りぐらしのアリエッティ」は私は好きでした。



Comments are Closed